2010年03月29日

雑記帳 「ぽん太」使って樹木内部簡単に診断 島根・出雲(毎日新聞)

 島根県出雲市の建設コンサルタント会社「ワールド測量設計」などは25日、周波数を測定することで樹木内部の腐朽を調べる簡易診断装置「ぽん太」を開発したと発表した。

 超音波方式の機器などは大がかりな装置が必要で高価だが、ぽん太は9万9750円。ハンマーでたたくだけで診断が可能で、初期診断が誰でも手軽に行えるという。

 商品名は樹木をたたいた時の音からで、キャラクターにはタヌキを使用。開発に携わった担当者は「とにかく簡単。化かされたと思って使ってみて」と自信満々。【細谷拓海】

【関連ニュース】
鶴岡八幡宮:大銀杏倒れる…樹齢千年、実朝暗殺の舞台
鶴岡八幡宮:「無事に育って」…移植の大銀杏を一般公開
<写真特集>春の美しい草花がたくさん 毎日植物園
<特集>全国各地の桜情報
全国の桜開花情報

水事故ゼロ目指し官民一体組織を設立 日本財団など(産経新聞)
小沢氏、自身の訪米「まだ具体的になっていない」(産経新聞)
普天間政府案、23日の閣僚会議で協議へ(読売新聞)
障害者自立支援法、違憲訴訟で初の和解(読売新聞)
<囲碁>十段戦五番勝負第2局(毎日新聞)
posted by フカヤ シンイチ at 15:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。