2010年06月16日

「創生『日本』」 たちあがれ、創新と連携方針 保守勢力再結集訴えへ(産経新聞)

 超党派の議員連盟「創生『日本』」(会長・安倍晋三元首相)は8日、自民党本部で緊急総会を開き、たちあがれ日本(平沼赳夫代表)、日本創新党(山田宏党首)と参院選での連携を進めていく方針を決めた。たちあがれと創新の両党はすでに参院選で連携する方向で調整を続けてきたが、自民党の保守系議員を中心とする創生「日本」がこの動きに連動すれば、保守勢力の再結集の布石になる可能性もある。

 安倍氏は総会で、菅直人政権について「史上まれにみる陰湿な左翼政権が誕生した。出番は明るい保守だ。参院選でわれわれが果たすべき役割は大きい」と訴えた。

 10日に都内で3者がそろって発表する。具体的には、日教組出身の民主党の輿石東参院議員会長が出馬する山梨選挙区内で、自民党新人を支援するために共同で街頭演説を実施することなどを検討している。

 9日夕には、安倍、平沼、山田の3氏と保守系有識者らが都内で集会を開き、保守勢力の団結を訴える予定。

【関連記事】
日本を「劣化」させたくない
短命政権の教訓 脱デフレ、国力回復に邁進せよ
安定的政治へ連立体制の再編を
国民新、「自主憲法創設」を参院選を公約に
自民・野田聖子氏らが新集団 来週旗揚げへ準備
電撃的な首相退陣劇の裏で何が…

中四国、近畿、東海で梅雨入り=気象庁(時事通信)
菅新体制の発足に小沢前幹事長からの引き継ぎなし(スポーツ報知)
準天頂衛星 1号機 8月2日に種子島から打ち上げへ(毎日新聞)
菅内閣発足 参院選勝敗ライン「50議席」(産経新聞)
国民新党 新幹事長に下地氏、国対委員長など兼務(毎日新聞)
posted by フカヤ シンイチ at 13:53| Comment(9) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。