2010年05月28日

<訃報>前衛美術評論の草分け、針生一郎さん84歳(毎日新聞)

 前衛美術評論の草分け、針生一郎(はりう・いちろう)さんが26日、急性心不全のため死去した。84歳。葬儀は6月1日午前10時半、川崎市多摩区南生田8の1の1の春秋苑白蓮華堂。喪主は長男徹(とおる)さん。

 仙台市生まれ。第二次大戦後、アバンギャルド芸術評論の第一人者として活躍、文芸評論家としても知られた。2000〜08年、美術評論家連盟会長。丸木美術館館長なども務めた。02年には主演映画「日本心中 針生一郎・日本を丸ごと抱え込んでしまった男」(大浦信行監督)が公開され、話題を呼んだ。

後藤組元組長に逆転有罪…ビル所有権虚偽登記(読売新聞)
24日にかけ、西日本から東日本で大雨の恐れ(読売新聞)
<防衛省>試験さらに出題ミス(毎日新聞)
保健師資格の取得は大学? それとも大学院?(医療介護CBニュース)
事業仕分け 裁判記録コピー代、人に頼んで50円、セルフでも20円…(産経新聞)
posted by フカヤ シンイチ at 19:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月26日

「生活保護受給者に自家用車を」 日弁連意見書に批判、疑問相次ぐ(J-CASTニュース)

 生活保護受給者の自家用車保有を生活必需品として認めるよう厚労省に求める日弁連の意見書に、批判や疑問が相次いでいる。何かと不便な地方では買い物などにも必要というのだが、自転車やバイクじゃダメなのか、などと反発が強いのだ。

 現在の生活保護制度では、原則として受給者が自家用車を持つことはできない。持てるのは、公共交通機関が少ない地域に住む障害者らが通勤や通院で使う場合などに限られている。

■「交通不便な地方では、買い物などにも必要」

 ところが、日弁連は2010年5月14日、車は8割の世帯に普及するなど生活必需品となっているとして、冷蔵庫やテレビ、エアコンなどと同様に保有を認めるよう求める意見書を厚労省に提出した。

 それによると、特に地方では、公共交通機関が不採算を理由に年々縮小しており、車がないと通勤が困難で、就職活動にも不利になっている。また、郊外型店舗が増えて、従来の商店街がシャッター通り化しており、生活費を節約するためにも、郊外の店で食料品や日用品を買わなければならないという。さらに、都市部でも、中心部でなければ、電車やバスの本数も少ないなどとした。

 意見書では、こうしたことは、受給者の最低生活保障や自立助長に結びついておらず、「生存権保障に欠ける」と指摘。生活保護法の目的に反するばかりでなく、「不当に移動の自由を制限する」と主張している。

 もっとも、高価な車を認めているわけではなく、処分価値が小さい車ならいいという。具体的には、岐阜県のように、最低生活費の6か月分がいいのではないか、と提言した。例えば、生活保護受給者が多い大阪市なら、1か月の最低生活費が約12万円となるので、車の購入にかけていい額は、単身者で約72万円の計算になるというのだ。

 また、意見書では、車の維持費について保護費をやりくりするのは受給者の自由だとし、任意保険料については、年金や児童扶養手当などの収入から必要経費として控除することを求めている。

■自転車やバイクじゃダメなのか

 日弁連の意見書については、ネット上では、賛同する声はほとんどなく、批判や疑問の声が強い。

 ミクシィの日記では、ある東京都内の路線バス運転士男性が2010円5月19日、「車はぜいたく品です」とのタイトルで意見書を批判した。男性は、「年間の維持費を考えて下さいよ。燃料・保険・車検・駐車場・税金で軽自動車でも年間数十万に上ります」と指摘した。月12万円ではそれらを払わなくなるのではないか、行政がすべて免除することになるのか、という疑問らしい。そして、障害者でもないなら、「徒歩・自転車・公共交通機関で十分でしょ?」と書き込んだ。

 この指摘は共感を集め、「個人的には、生活保護受給者が髪の毛を染める程度のおしゃれ(?)をするのにも反対です」「うちはお金なくて車検取るのやめたのに!今は専ら250のバイクです!」といったコメントが寄せられている。

 ミクシィや2ちゃんねるの書き込みを見ると、意見書には様々な異論が続出している。

 働いても車を買えない人への逆差別だ、運転できない地方の高齢者が困っているのに受給者だけずるい、といったものから、自転車やバイクではダメなのか、行政のレンタル車ならいい、受給者は都会に引っ越すべき、運転できるならタクシー会社で仕事しろ、などまで様々だ。

 こうした意見に対し、日弁連の人権第一課では、「いろんなご意見があることは理解していますが、特に反論はありませんし、それによって意見書を撤回することもないです。生活保護に詳しい弁護士が何年も研究してまとめたもので、私どもの意見としてご理解していただければ」と言う。

 厚労省の保護課では、意見書の提出を受けたものの、具体的にどうするかはまだ決めていないとしている。


■関連記事
「沖縄旅行」に「月一すし40皿」 生活保護では「贅沢」なのか : 2009/10/20
交通費渡して「大阪市に行け」 生活保護「たらい回し」表面化 : 2010/03/04
年金だけじゃない公務員ネコババ 生活保護費着服も横行? : 2007/09/13
日本の産業政策は一度も効いた試しがない : 2010/05/20
東京ファッション通信77 〜COCO DEALのデニムブルゾン、重宝してます : 2010/05/17

<マンゴーマッコリ>「アイリス」の秋田から 韓国の酒造会社と開発(毎日新聞)
国民投票法、18日に施行=憲法改正原案、提出可能に―審査会休眠で審議できず(時事通信)
チラシ無償で20万枚…亡き子思い捜査協力(読売新聞)
小沢幹事長不起訴へ…石川議員「了承得た」(読売新聞)
金星探査機21日打ち上げ=H2A延期で―種子島(時事通信)
posted by フカヤ シンイチ at 12:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月15日

沖縄の日 怒りの3800人 本土復帰38年の集いで(毎日新聞)

 沖縄の本土復帰38年を迎えた15日、米軍普天間飛行場がある沖縄県宜野湾市で「平和とくらしを守る県民大会」があり、県内外から約3800人(主催者発表)が参加した。政権交代で普天間の県外移設への期待が高まった沖縄だが、鳩山由紀夫首相は県内移設への方針転換を言明。大会会場では、38年たっても変わらない基地負担と、政権の裏切りへの怒りが「沖縄差別」との言葉で次々に飛び出し、悲憤が渦巻いた。

 大会あいさつに立った社民党の照屋寛徳国対委員長(衆院沖縄2区選出)は県外からの参加者に対し「みなさんには沖縄を差別する側に立たないでほしい。沖縄の基地問題を解決するため一緒に闘ってほしい」と呼びかけた。

 宜野湾市の伊波洋一市長は「復帰後もますます基地が強化され、日本政府は県民の苦しみに無関心で、これ以上許すことはできない。普天間を閉鎖させ、新たな基地はつくらせない」と叫んだ。

 最後に「県内でのたらい回しを断念し、普天間閉鎖の対米交渉を開始せよ」とする宣言文を採択した。【井本義親】

【関連ニュース】
沖縄:本土復帰38年 今も米軍施設74%が集中
沖縄:平和行進スタート 名護市長も出席
在日米陸軍:司令官、初のネット会見…動画サイト使い回答
普天間移設:鳩山首相、審議官級協議者から報告
米国務長官:日本を下旬に訪問へ 日米同盟を再確認

こち亀「両さん像」壊した男、器物損壊容疑で書類送検(産経新聞)
【お財布術】「特典付きホテル」編 おまけでお得の宿泊プラン(産経新聞)
<雑記帳>サクランボ 母の日を前に出荷に追われる 秋田(毎日新聞)
高齢者の自転車事故が増加 「交通ルール」への意識不足?(産経新聞)
高齢男性の独り暮らし急増、孤立化の懸念も(読売新聞)
posted by フカヤ シンイチ at 21:33| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。